興信所の料金相場に関する情報サイト

興信所の料金相場を解説

興信所へ「浮気調査を依頼しよう」、「人探しを頼んでみよう」と思うが、躊躇ってしまう。
その理由の一つが興信所の料金です。

ネットで少し調べれば、興信所の料金が高額であるのは直にわかります。
その金額も50万円で浮気調査をしてくれる興信所があれば、100万円する高額料金の興信所もあり、業者ごとの差が激しい。そして、調査料金の相場が読み辛い。

調査料金の相場がある程度わかっていれば、興信所を選ぶ判断基準にもなりますし、料金の相場を知ることで、思っていたよりも調査料金が高額ではないとわかれば、依頼への敷居も低くなります。

最近では、興信所の料金を知るのも比較的簡単になりました。インターネットを使えば、最寄りの興信所を簡単に見つけることが出来ます。

多くの興信所が浮気調査の費用について、自社HPの目立つ場所で料金の紹介をしています。

また、興信所のポータルサイトを利用してみるのもいいのではないでしょうか。
興信所ポータルサイトでは、地域ごとに興信所情報をまとめているので、ご自身の生活圏内にどんな探偵があるのか比較的簡単に調べ出すことができます。


興信所のポータルサイトを利用する

ポータルサイトでは、興信所を選ぶ際に役立つ評判や実際に依頼をした人の評価を目にすることが出来る数少ない場所です。

興信所に限らず、他の商品、例えば家電商品を選ぶときにも、口コミや評判があれば、商品のスペックや値段をあらかじめ予想することが出来るので、安心して購入することができます。
興信所の口コミや評判も同じで、料金が安く安心して依頼出来る興信所を見つけるために、口コミと評判を参考にするといいでしょう。

しかし、インターネット上の口コミ情報や評判には注意も必要です。口コミ情報や評判の中には、偽情報も含まれていることがあるため、探偵業者を選ぶときに口コミ情報と評判を信じきってしまって失敗したという話も聞きます。

この口コミ情報や評判の真相を調べるためには、探偵に関する多くの情報を知っておく必要があります。


興信所の様々な情報を集める

情報では、調査料金のことはもちろん、興信所で実際に調査を行う調査員の質であったり、調査に使う調査機材の性能であったりと、知っておくべき情報は沢山あります。

そして、良い口コミや評判であったとしても、貴方にとっては違う場合もあります。
例えば、大物家電である冷蔵庫を購入しようと思って口コミを参考に消費電力の少ない冷蔵庫を購入したら、台所に入らなかった。
そんなポカともいえる基本的な失敗を興信所を選ぶ場合にも起こっているのです。

興信所を選ぶときの失敗を無くすため、また、安心して興信所を選ぶためにもっと多くの情報を知っておくことが重要になるのです。
また、悪質な業者の手口もこの情報に含まれるため、このサイトで確認してみてください。 


興信所の適正な調査料金とは

興信所に調査を依頼する前に、その調査の見積りを出してもらうのが一般的ですが、この見積りを見たとき、そこに書かれた金額が適正な調査料金であるか、依頼をした人にとって判断は難しいです。

興信所の調査料金に、相場は存在しますが、調査を依頼する人の事情によって、見積りの金額は違いますし、依頼者毎に調査料金は違います。

そのため、調査料金の見積りで提示された金額をそのまま鵜呑みにしてしまう人もいるのですが、その場で判断するのではなく、調査料金の見積り額を持ち帰って検討することをおすすめします。

見積り額を持ち帰って検討するとはどういうことかと言うと、探偵との面談の場で見積り額を提示されると、その場で契約を迫る探偵もいて、なかには強引に契約を取ろうとする悪質な業者もあるそうです。

こうした業者に騙されないためにも、見積りを出してもらったら、他の興信所に見積りをお願いして、その金額と比較をするようにしてください。
興信所の料金は複雑です。調べていると途中で面倒になってくるかと思いますが、そこで諦めてしまうと、悪質な業者に騙されてしまう可能性があるため、料金に関して妥協をせず、料金システムに疑問があれば、探偵に直接質問をぶつけるようにしましょう。


興信所のことで悩んだら

興信所に調査を依頼すると、いろいろと悩みが生じると思います。

一番多い悩みとして、「この料金は本当なのだろうか?」というものです。

また調査を依頼する前の段階で、興信所に調査料金の見積もりを出してもらいますが、その見積もり料金がそのまま調査料金になるとは限りません。

実際に興信所に出向き、調査契約をする段になって、見積もりの調査料金とは違う金額を提示されて疑問に感じた人もいるでしょう。

見積もり金額と調査契約前の金額が違うのは、調査の詳細があきらかになってどうして必要に応じて料金が高くなったり安くなってりすることがあるのです。

しかし、調査を依頼する人からすれば、見積もり金額と調査契約前の金額が違うというのは納得ができないでしょう。

それに、契約の直前になって金額が変われば、相手の興信所を疑ってもしまいます。

そんな料金のことで、悩んだら、その場で調査契約を締結するのではなく、一度契約内容を持ち帰ってじっくりと考える時間をとることも必要です。

もしも、興信所が一度契約内容を持ち帰って考えることを許してくれない、契約書の写しを受け取れなかったり、無理やり契約を取ろうとしたら、その興信所は危険な興信所かもしれません。

興信所のなかには、依頼をする人に不利な契約を取り、高額な調査料金を騙し取るような悪徳業者もあるといいます。

こうした悪徳業者とそうでないまっとうな興信所を見分けるためにも、興信所のことをよく調べておく必要があります。

また、興信所とトラブルになったら、弁護士や消費者センターなど、相談できる場所についてもあらかじめ調べておきましょう。